【悲報】facebookが停止処分に・・・

昨日はね、もう悲劇でしたよ。
なんたって・・・
facebookが急にアカウント停止
されたんですから(((゜д゜;)))

そう、事件は急に起きました。
今週末から開始する講座生のグループを
facebookで作っていたところ・・・

急に以下のような画面に。
(要約していますが、大体こんな感じ)

・facebookのセキュリティにご協力ください
・実名・写真・生年月日が写っている証明書を
サポートセンターまで送ってください
・実名(本人)と確認が取れるまでアカウントは
停止させていただきます

え、え、えええーーーー!!!!
大パニックになり、急遽ネットで調べると
なにやら5年前から急増していたみたいです。

通称、垢BAN祭り。

※facebookで実名でないと思われるユーザーが
大量にアカウント停止処分を受けること

対処方法も調べましたが、直接facebookから
連絡が来てしまった場合は、身分証を提示
する以外には再開の余地はないとのこと
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

便宜上、ビジネスネームで登録し友達も4,960人
いたので大ショック・・・・・
この悲劇を伝えようにも、肝心のfacebookが
使えないのだから、笑うしかない┐(´∀`)┌

数時間葛藤したのち、写真付きの身分証を送ると
身分証の名前を異なっているため実名に
変更してくださいとの連絡が入る。
(まぁ、この流れなどそうですよねwww)

で、facebookはアクセスは出来るように
なるものの、実名変更のページが表示され
(否定の余地はなく、変更しか選択できないもの)
やむなく本名に変更する始末に(´っω・`。)

{9D814953-662D-4999-AECB-1F744E1CE0C1}

こんなメッセージが来ました。

いや、facebookの主張もわかるんですよ。
実名登録制と知りながら使っていたので
ぐぅの音も出ないのも事実

でも、ビジネスネーム・ペンネーム・芸名で
活動している人には、青天の霹靂の大打撃
というか、もはや営業妨害レベルの悲劇
しばらく落ち込んでフリーズしました

で、無事変更したら、これがまた笑っちゃうんだけど、実名が氏名逆になっててwwwww

ねぇfacebookさん。。。追放はいいけど
せめてそこんとこはちゃんとやって?
その点は、今修正依頼中です(笑)

ニックネームのように氏名の後にカッコ付きで
名前を入れられるので、今までの名前は
取り急ぎそちらへ追記。

{3A72C786-AA7A-407B-8273-433C4EA8CC62}

こんな感じの応急処置。泣

あまりに突然すぎて今後の名前の方針は
決まっていませんが、facebookの
統制力と恐怖を感じた一件でした(゜д゜;)
コワイコワイ・・・

結論、数時間のやりとりで(精神的に)
疲れ果てて瀕死状態の私からお届けできること
としては、以下です
※ソースは実体験とネットからの情報

明日は我が身!アカウント停止にならない為に

宝石赤個人アカウントを2つ以上持っている場合、
同じ端末からの度重なるログイン・ログアウトは
避けること

→同じIPアドレス(iphoneなど)から
複数のアカウントにログインした場合、
それが引っかかる対象になるのだとか

私の場合、お正月でプライベート用の
アカウントを開いていたのが原因かも。。

宝石赤facebookのグループページは自分で作らない

→他にも過去に被害者(笑)が見つかりましたが
私と同じようにfacebookのグループ(コミュニティ)を
作成中に事件が起きたとのこと・・・
実名でやっている別の方にお願いするのも手です

宝石赤大量に友達申請を送る時には注意する(回数分けるなど)

→これは今回当てはまりませんでしたが、同時期に
大量に友達申請を削除されている場合、不審なアカウント
だと判断されて停止されることがあるのだとか。
起業初期で認知のために!と申請する場合は、日数を
またいで徐々に送ると良さそうです。

以上、新年早々想定外の出来事に
かなり面食らいましたが(°Д°;≡°Д°;)

起業女子の皆さん(予備軍の方も)に
同じことが起こりませんように祈ります

 

ブログが更新されたらLINEにお届けしています!

Related Entry

【レポ】小田桐あさぎさん〜売上0から月商7桁までの世界観 〜

【主催レポ】南城久美子さん「自分ブランド力」公式シェア会

【レポ】南城久美子さんから学ぶ「突き抜けた」在り方〜派遣OL...

”【レポ】井上友梨さんのブログコンサルをうけてきました!【ブ...

”【レポ】エスカレーター式にファンを増やす、自分の魅せ方”【...

”【レポ】井上有梨さんエスカレーター式起業コース~受講理由と...