起業初期にブランディングは重要じゃない

こんにちは!
起業コンサルタントの井上有梨です。

起業初期のあるある相談ベスト2

12月から3月まで新規の単発コンサルに
力を入れていたのですが、

起業初期のあるある相談ベスト2(私調べ)
はですね、、、

①ブログの書き出し方がわからない
(から始められない)

②自分のブランディングがわからない
(から発信できない)

というものが圧倒的に多かったです。

「正解」を知ってそこから無駄なく
スタートしたい、という気持ちが
強いからでしょうか?

で、だいたいお答えすることは

「どうせまだ誰にも知られていない
のだから、好きなようにやっていい」

ってこと。
我ながらなんて無責任なんでしょう!笑

魅せ方は売れてから気にすればいい

でも、これには一応わけがあって。。。

ブランディングや打ち出しがどうこうとか
この記事はどうかなとかっていう
小粒なテーマ(笑)については

売れてから考えればいい!と
けっこう本気で思っていて。

え?!!いやいや売れるために
相談しているんジャン!
どうしたら売れればいいの!?

って思った方。

でも、仮に、ブログの書き出しを
最初からすべてお伝えしたとして、

その通りにすべて書いたとしたら
その人らしさが伝わる内容になるか?

ブランディングをこうしましょうと
最初から決められたら、発信の枠が
狭まってしまって、苦しくならないか?

そう、やっぱり個人でやる以上は
人柄ビジネスなので、人柄が伝わらない
投稿や、気持ちのこもらない発信は
全くもって影響力を持たないんデス。。。

はじめに憧れ感を出さない方がいい理由

ブランディングについては
例えばですが、

親近感のあるキャラよりも
カリスマ感を出した方が格好いいから
失敗談を書いたらバカにされるのでは?

といったことや

将来的に高額メニューを打ち出したいから
初期の人が行くような「お茶会」に
顔を出すのは抵抗がある

というようなもの。
(どちらも実際に相談を受けた事です)

でも、これらの悩みってだいたいは
逆に「失敗談を出した方がいい」し
「積極的に顔を売りにいった方がいい」

なぜかというと、
芸能人のような特別な美貌やオーラを
もった人以外は、外見だけで惹きつける事は
難しいですよね。

なので、親近感や共感を先に得た方が
結果的にファンが増えますし

だったらあまり細かいことは気にせずに
等身大の自分をとにかく発信×大量行動
できる人が、どんどん結果を出していく
気がします^^

なので、敢えて冒頭の2つの質問に
マジメにお答えするなら

①は自分のバックボーン(背景)や
価値観のわかるような記事
(俗にいう自己開示記事)か

現在進行系で起業の学びのシェア記事
(することで等身大の自分を魅せる)

②は憧れ・カリスマ系よりも
共感・親近感を意識して親しみやすい
投稿内容やイメージをもってもらう

から始めることで、初期の人でも
エスカレーター式にファンが作れます♡
(私もこのやり方でしたw)

では、また次回^^

ブログが更新されたらLINEにお届けしています!

Related Entry

”それ。5分で解決してスルーやわ。(驚愕の事実)”【個別コン...

”【レポ】エスカレーター式 行動力を上げて売れっ子になる”【...

【レポ】月商1,000万をするりと達成するためのマインド

私は見た、脱サラして3週間後の真実(失敗談)

【レポ】南城久美子さん♡武藤美祐紀さんトークライブ

”【講座レポ】教えてゆりさん!起業するにもモチベがダダ下がり...